moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

パイ講習会4☆

c0182810_202521.jpg

最後は、ミルフィーユの生地から。

2種類のミルフィーユを作り、
c0182810_2015615.jpg

Mascarpone millefeuille (マスカルポーネ・ミルフォイユ)
カスタードとマスカルポーネを合わせたクリームをパイ生地に挟んだもの。
クリームが柔らかいので、日持ちは一日のみ。


c0182810_203111100.jpg

Diplomate millefeuille (ディプロマット・ミルフォイユ)
ムースリーヌクリーム(カスタードとバタークリームが合わさったもの)に、
苺のクーリ、ビスキュイ・ジョコンドが挟まったもの。
バタークリームベースなので多少日持ちが長めですが、それでも2日ほどです。苦笑

c0182810_21135390.jpg

こんなに苦労してできあがったミルフィーユ。
焼き立てをもう少し味わっておけばよかったです・・・。
今回は種類が多くて全部食べきれず、お持ち帰りもたくさんあったのですが、
ミルフィーユはお持ち帰りで一口食べただけでした。

私にとって絶品ミルフィーユは、ピエール・エルメ氏のもの。
またいつかいただきたいです!


c0182810_20391521.jpg

Banana split crispy pie (バナナ・スプリット・クリスピー・パイ)
そして、数あるパイの中でも、今回一番甘くて重いパイらしかったもの。
ココナッツアーモンドクリームを下に敷き、ソテーしたバナナ、
ガナッシュ(ヴァローナチョコ使用)、そしてクランブルをふんだんに乗せたものです。

c0182810_20452613.jpg

カロリー高そう・・・


おまけで作った、
c0182810_20464855.jpg

Cherry horn (チェリー・ホーン)
筒状に巻きつけたパイの中に、カスタードとシャンティ(生クリーム)を
半々絞ってアーモンドを散らしたもの。

c0182810_20501359.jpg

Puits d'amour (ピュイ・ダムール)
たまにリンゴ入りのピュイ・ダムールを見かけますが、
こちらはオリジナルでカスタードのみのもの。
表面は少しキャラメリゼします。

c0182810_2002866.jpg

やはり甘いパイは、見た目も華やかで可愛いですね。
仕上げに粉糖を振ってキャラメリゼしているので、ツヤも出て綺麗です。


c0182810_21235983.jpg

以上が作った全てです!

何種類あったのか、自分で書いてても混乱するぐらい色々とありましたが、
もちろん皆で手分けして作りました。 全部揃った時には感嘆の声が上がりました。


c0182810_21224640.jpg


それにしてもパイ作りは改めて時間のかかる作業ですね。
折込みに寝かせに、ようやく形が出来上がったと思ったら、
今度はエッグ・ウォッシュ(卵を塗る作業)して寝かせ、、、
2日あったからこれだけの種類ができたものの、
1種類を仕上げるのも一日がかりの作業です。


因みに、パイの伸ばしは全てパイシーター(機械)を使って行いました。
機械の使い方のお勉強にもなりましたが、
今すぐ復習したいにも、手作業でとなると大変ですね。

でも日ごとに記憶も薄くなっているので、
早く折込みバターを手に入れてこの中の一つでも作りたいです。。。


c0182810_21265080.jpg



いつもブログに遊びにきてくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by moko-scafe | 2013-06-03 20:23 | お菓子教室 | Comments(0)