moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

コーヒーの日☆

本日、10月1日は『コーヒーの日』

c0182810_235573.jpg


先日、Jasons@BSC でコーヒー豆を買い足してきました♪

今回購入したのは、この4種類の計800グラム。 約1ヶ月分のサプライです。
写真はそれに加えて前回購入したエチオピア産のお豆です。

右下より時計回りに、
①エチオピア 
②ケニアAA (RM12.5/100g)    
③グァテマラ (RM11.5/100g)
④パプア・ニューギニア (RM12.5/100g)
⑤ブラジル サントス (RM6.8/100g)  

c0182810_1485019.jpg

他にあったコーヒー豆は、アチェやマンデリンなどのインドネシア産が数種類、エスプレッソブレンド(フレンチ&イタリアンロースト)が数種類、そしてLUWAKコーヒーが3種類ほど(100gにつきRM600~RM700、日本円にして2万円前後というお値段!)でした。


それぞれのお豆につき特徴を比較してみました♪

c0182810_2464360.jpg
①エチオピア

5種類の中で一番小粒サイズのお豆。
1枚目の写真と併せると分かりやすいかと思います。

個人的な意見ですが、エチオピア産のお豆は、少し野性味のあるお味(土臭い感じ?)がします。
以前父がエチオピアからはるばると買ってきたお豆も、そんな香りでした。
アフリカの広大な大地で栽培されているからかな。

c0182810_245617.jpg
②ケニアAA

5種類の中で一番大きいサイズのお豆。
少し欠点豆が目立ちましたが(左にある貝殻豆や右上の煎りムラやなど)、
上質で肉厚のお豆で、焙煎が難しいとされている種類です。

飲み心地は、酸味、苦味ともに豊かで味わい深く、
少しチョコレートの香り?を感じさせるお味でした。
ブラジルやグァテマラ産など、他のお豆と同じように淹れるとその濃厚さが際立ちます。

c0182810_321633.jpg
③グァテマラ アンティグア

ケニアAAより若干小ぶりなものの、こちらも肉厚で大きなお豆。

飲んだ時に酸味が際立ちますが、香り豊かで私の好きなお豆です。
ただし、今回のバッチはいつものよりも雑味が多い気が?しました。
同じ国のお豆でも、地域や農園によって味わいは変わってくるからでしょうか。

c0182810_2511731.jpg
④パプア・ニューギニア

インドネシア産のお豆というとロブスタ種(缶コーヒー向き)が多いのですが、こちらはアラビカ種。 

フルーティな香りの中に酸味があり、後味がすっきりタイプでとても美味しく、
少し中南米系のお豆と似ているな~と感じました。
期待以上の美味しさだったので調べてみたら、この国のコーヒーの栽培は、
カリブ海のジャマイカ、ブルーマウンテンから移植されて本格的に始まったそうです。なるほど!

c0182810_2503098.jpg
⑤ブラジル サントス

5種類の中で、一番焙煎がつるんとして綺麗だったお豆。
煎るのが比較的簡単とされているお豆のようです。

因みにブラジルのお豆は、ハイロースト~フルシティロースト(中煎り)以上で酸味と苦味が際立つようで、色も他のお豆より若干濃い目でした。

ブラジル豆のコーヒーを飲む時いつも思うのが、少し「小麦」のような香りがするということ。
ブラジルは世界No.1のコーヒー生産国(全体の3割を占める)で、よくブレンドコーヒーのベースにもされています。

流通量も多く、お値段もとてもお手頃で鮮度も良いので、私もいつも購入します♪




いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by moko-scafe | 2013-10-01 12:52 | コーヒー | Comments(0)