moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

KLのコーヒーショップ♪

c0182810_23145428.jpg


ここ数年で、KLのコーヒー事情が飛躍的に変わってきました。

Old Town Coffeeなどで見られるコンデンスミルクたっぷりのマレーシアンコーヒーから、
カフェ・ラテ、カプチーノなどのエスプレッソベースのコーヒーが浸透し、
ついに最近、ハンドドリップタイプのコーヒー店も進出し始めたのです。
これは私にとっては、衝撃的に嬉しいニュースでした。

まだまだコーヒーショップの9割方は、StarbucksやCoffee Bean、San Francisco Cafeなどの大手チェーン店が占めるマレーシアですが、日本のようなカフェ文化が確実に浸透してきているのをひしひしと感じます。

さて、このハンドドリップのお店は、Coffea Coffeeというお店で、これも韓国発のフランチャイズのようです。
このお店では、シングルオリジンのコーヒー豆がハンドドリップメインで味わえ、Cup of Excellence (COE)  で賞を獲得したコーヒー豆も3種類ほどいただけます。


c0182810_23153294.jpg

こちらが2011-2013年にCOEを獲得したお豆たち。
順位はまちまちでしたが、El Salvador や Honduras、そしてRwandaのお豆がありました。

私はこの中のHondurasをいただきましたが、雑味が少なく、クリアな味わいで香り高くて美味しかったです。
自分で淹れるコーヒーよりも全体的に薄い感じですが、美味しくてとても飲みやすかったです。
Rwandaのお豆も気になったので、次回いただきたいと思います。


c0182810_02233935.jpg

その他、COE以外のシングルオリジンのお豆も10種類以上ありました。焙煎は全て韓国だそうです。
エチオピアのイルガチェフG4とエチオピアのハラルをいただきましたが、どちらも丁寧にハンドドリップされていて美味しかったです。
スタッフのトレーニングがよくできているなと感じました。


Coffea Coffeeは、今のところBangsar、The Curve、SubangとSunway店の4店舗があり、私はThe CurveとSubangの2店舗に伺いましたが、写真にあるThe Curveの雰囲気が開放的でとてもお勧めです。



c0182810_02374205.jpg


それからこちらは、以前ブログ でもご紹介したことのあるWhiskというカフェで、One Utama店舗です。


こちらは、珍しく家族経営のカフェで、イギリススタイルで雰囲気は可愛いのですが、正直コーヒーはいまいち。。。 でも、こちらでもハンドドリップでコーヒーがいただけるようになっていたので、前述のCoffea Coffeeの興奮にのっとって、ここでもエチオピアイルガチェフ(シンガポール焙煎)をオーダーしてみました。

平日の朝早くでほとんどお客さんがいなかったので、お兄さんと一緒におしゃべりをしながらゆっくりと淹れてもらいました。 
どうやら以前からもハンドドリップはあったようなのですが、需要が少なく特に宣伝していなかったそうで、最近になってフレンチプレスやハンドドリップも積極的に出すようにしたそうです。


お兄さんの腕前はというと、う~ん・・・。


c0182810_02411609.jpg

でも、こんな風にコーヒーサーバーと共に素敵な提供をしてくれたので、とてもいい時間が過ごせました☆




いつもブログに遊びにきてくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。






[PR]
by moko-scafe | 2014-05-12 23:54 | コーヒー | Comments(0)