moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

バゲットとクロワッサン☆

c0182810_19175655.jpg


コルドン・ブルーのサブリナレッスンで、
『フロマージュブランのバゲットとヴァニラのクロワッサン』を教わってきました。

フロマージュブランとは、サワークリームのようなチーズが入ったバゲットのことです。
しっとり感とフロマージュブラン独特のマイルドな酸味が、酵母の酸味にプラスされます。
クロワッサンの方は、生地を伸ばしている時からヴァニラの香りがいっぱい広がります✨


c0182810_20005177.jpg

さて、コルドンのサブリナレッスンで菓子講座は何度か受講したことがありましたが、
パン講座は初めてでした。 
加えて、クロワッサンとバゲットはハードル高めのレッスンで・・・
受講生の1/3が現役コルドン生だと知った時は、少々場違いだったかしら💧と心配しました。

受講時間は4.5時間。
始めから、大丈夫かしら私、、、とくじけそうになりながらも、
開講して数日で埋まってしまった人気講座を受講することができる有り難さと
両方とも常々習いたかったパンだったので、無事にパンが焼けますように〜と気合いが入ります。


c0182810_19342265.jpg

コルドンのシェフは多くがフランス人。当然、説明もフランス語なのですが、
きちんと通訳の方がいらっしゃいます。

前回も菓子講座でご一緒したことのある通訳の方がとても分かり易く説明をして下さったので、
緊張感の中にも心地よさを感じながら、必死にメモを取りました。
流暢なフランス語が話せて素敵だな〜と思わずにはいられない瞬間です。


クロワッサンは、バターの折り込み作業が重要。
丁寧かつすばやく、バターが溶け出さないように折り込んで行くことが大事で、
生地の固さやバターの固さが影響してくるので、なかなか難しい作業です。


c0182810_19183300.jpg

同時進行で、バゲットの生地作りも行います。

こちらは、生徒全員分の生地なので、
計算してみると全部で10kg以上はありました!


c0182810_19185832.jpg

成形&発酵後、バゲットを釜に入れる直前の写真です。

シェフがお粉を振ってクープ(ナイフで切れ込み)を入れています。

私たちも一人ずつ自分のバゲットにクープを入れたのですが、
皆さんが緊張する作業でした。

c0182810_19191051.jpg

クロワッサンの焼成前の写真です。

綺麗な成形、一つ一つの工程がとても勉強になります。

この後、自分で成形してみたのですが、少しロールパンのようになりすぎたかな・・
と全て天板に並べ終わった後に気づきました。 
冒頭のが私作、シェフのクロワッサンは写真下のもので、
さすがシェフのクロワッサン一つ一つが堂々と大きく見えます。

次回自分で作ることがあれば気を付けたい点です。


c0182810_20003638.jpg

バゲットの方は、一人一人シェフから評価をいただきました。
こちらも皆、緊張の瞬間。笑

私のバゲットは、クープの入れ方に多少ばらつきはあったものの
全体的にはよくできていたようで、
"tres bien" とコメントをいただけたので、ホッとしました。


c0182810_19181942.jpg
大変勉強になる、貴重なレッスンとなりました。



今日も長々とブログを読んでくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。












[PR]
by moko-scafe | 2016-11-11 14:01 | お菓子教室 | Comments(2)
Commented by makimaki at 2016-11-11 23:46 x
ブログがどんどん更新されて楽しい~♪
日本語オンリーの私からすると
流暢な英語話せるmokoも素敵な存在よ❤
今回も会う時間作ってくれて
本当にありがと~。
Commented by moko-scafe at 2016-11-27 09:37
Makimaki,
コメントありがとう〜💞
こういう場所に行くと本当に刺激になるよね。
まきまきみたいなお友達に会えるのも🎶
元気に頑張ってるな〜って嬉しくなる。
で、マレーシアに戻ってきてまたぁばかダラッとした空気に溶け込んじゃう(笑)
私も会えて嬉しかったよ!またね✨