moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

メルボルン〜カフェ4〜


c0182810_18173725.jpg
Seven Seeds @ Carlton

ポーチド・エッグの話でチラリと触れたスペシャリティーコーヒー店です。
こちらのお豆 も2年程前に生徒さんからいただき、
いつかメルボルンに行きたいな〜と思うきっかけになったお店です。

c0182810_18172396.jpg

c0182810_18175423.jpg
テイクアウト用カウンター


スペシャリティコーヒー店は、あくまでもコーヒーがメインでパンやケーキのショーケースが一角に、というお店が多い中、こちらのお店はブランチまでフルに展開するカフェでした。
店内はとても広く、平日朝だったのにも関わらず、大賑わい。20分ほど待ちました。

c0182810_18165775.jpg

息子にせがまれ頼んだ、ピスタチオとラズベリーのマフィン。
でしたが、とっても美味しかった!
ピスタチオ(ペースト)とトッピングのクリームチーズなど素材がとてもいいお味、
アーモンドもたっぷり入ってしっとり美味しかったです✨


c0182810_22201945.jpg

Patricia @ CBD(中心街)

最終日、Industry Beans の代わりに行くことのできた Patricia

金曜日朝9時前とあって、これからお仕事へ向かう方々が続々と並んでいます。
少々列に加わる申し訳なさがありつつも、スタッフの手慣れた対応ですぐに我々の番に。

c0182810_22215676.jpg

ここでも親切で気持ちの良い対応をして下さったそうで(主人に)、
接客の良さをしみじみ感じながら、皆さんに混じっていただきました。

c0182810_18375136.jpg
コーヒー美味しい☕️✨

c0182810_22204413.jpg
出勤前の素敵な光景です。
皆さま、今日も良い一日でありますように✨


*お店のリンク*


いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。






ところで、メルボルンのコーヒーは、カフェではほぼ統一価格のAUD$4(約350円)。
スペシャリティーコーヒー専門店になると、若干高めのAUD$4.5~$5程度(450円以下)。
頼む品にもよりますが、カフェラテ、カプチーノ、フラット・ホワイトの相場はこれぐらいで、お料理の値段がAUD$20(約1600円)前後もしくはそれ以上するものが多いことを考えると、かなり良心的な価格です。

私達が伺ったカフェの中では、Market Lane Coffeeが一番高くてAUD$4.7(おそらく立地)。
シドニーは若干物価が高いので、コーヒーもAUD$4.5前後でしたが、ここでもAUD$5超えのものはありませんでした。


c0182810_22195626.jpg

”フラット・ホワイト”は、日本ではまだあまり馴染みのないメニューかもしれませんが、オーストラリア・コーヒー文化の影響を強く受けるマレーシアのカフェにも普通にあるメニューで、”カプチーノよりもミルク少なめ”のものです。
オーストラリアではごく主流で、メニューに"White"と表記されることも多く、私達もほぼホワイトを頼んでました。

今回、時間のことをたくさん書いてしまいましたが、
オーストラリアでは「コーヒーは朝に飲む」ようで、仕事前に一杯という文化なのでしょうね。私が「夜にも飲みたいな〜」と呟いていたら、義弟君に「夜眠れなくならない?」と聞かれました。
あ〜それで営業時間が2時、3時までなのか〜と一人納得していたら、義弟君が、「あとは6時〜7時オープンだとすると、7〜8時間労働でだいたいそれぐらいの時間まででしょう。」と。
なるほど、日本やマレーシアのように、そもそもシフト制でフル稼働とか、そういう考えが無いのか!

オーストラリアは人件費が高く、賃金や労働時間、生活環境面でかなり政府に保護されているのが、今回の旅を通じて色んな場面で感じられました。


最後まで長々と読んで下さり、ありがとうございました💞


[PR]
by moko-scafe | 2018-04-20 15:28 | カフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mokocafe.exblog.jp/tb/29445240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。