moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

One Half カフェ☆

c0182810_18470413.jpg


せっかくの連休、子供達の習い事も一部がお休みとなったので、
ブランチついでに、SEA Park エリアにある One Half x Ilaika カフェ に行きました。


c0182810_18472788.jpg

雑貨屋さんの中にある可愛らしいカフェです。


c0182810_18474490.jpg

緑がいっぱいで気持ちがいいです。

c0182810_18475781.jpg

ただ、座席数が少ないので、店外から店内へと何度か移動し、
ようやくここの席に落ち着きました。
植物や背景の壁、テーブルなどいちいち可愛いくて、
色んな場所で写真撮影をしてみました。笑

このお店は、昨日訪れた uptownにある One Half カフェの姉妹店になります。


c0182810_18484308.jpg
One Half

クロワッサンの焦げが気になりますが^^;
美味しかったです♩


One Half の方は、お店がショップロットの半分サイズで小さく、
店内に長テーブルが一つあるのみ。こんな感じでシェア席です。

c0182810_19093374.jpg

お店の雰囲気はシンプルなものの、ここには 2016 & 2018 Malaysia Barista Championship (マレーシアバリスタチャンピオン)に輝いた方がいらっしゃるので、コーヒーはとても美味しかったです!

フラット・ホワイトとドリップをいただきました。

c0182810_18481272.jpg

またぜひ伺いたいカフェです。



いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
by moko-scafe | 2018-05-12 19:17 | カフェ | Trackback | Comments(0)

マレーシア政権交代

c0182810_11192217.jpg


日本でも大々的にニュースで取り上げられているようですが、
先日マレーシアで国政選挙があり、マレーシア建国以来、初めて野党が勝利しました。
92歳のマハティール首相が再び首相になられたことも驚きですが、
61年間政権を握っていたBN(Barisan National、1973年以前はUMNO)が敗北し、
野党Pakatan Harapanが初勝利したことは、国と国民に大きな意味をもたらしました。

今回のBNの敗因を大きく2点挙げると、

①前ナジブ首相の汚職:
 数年前にN.Y.タイムズにも取り上げられた、多額の汚職事件。
 国民の猛反発があったものの、その後のらりくらりとかわし、
 すぐに政権交代とはなりませんでした。
②GSTの導入(消費税6%):
 2015年4月から導入された、GST制度。
 国民の反発があったものの、全ての商品に6%の消費税が課せられるようになりました。
 これにより物価が上昇、もちろんお給料は変わらず、国民への負担が増大。

実際、私もここ数年物価が上がり続けているな〜と痛感しています。
皆、どうやって生活しているのだろう、と不思議なぐらい!
消費税が導入されたからと言って、その使い道は定かではなく、生活も向上どころか逆効果。
所得の格差は益々広がっている気がしていました。

マハティール首相率いる野党が、選挙前に国民の声を拾い集めている時、
特に②のGST問題が、政府に対する不満の声として大きかったことを捉え、
今回野党の選挙政策の1つに”GSTの廃止”があったそうです。


c0182810_11193367.jpg
BNの旗、選挙後 くたびれた様子

c0182810_11194633.jpg
勝利した野党 Pakatan の旗


因みに野党には他に、イスラム色の濃いPASという政党があります。
こちらの旗色は、グリーンカラー。
イスラム色の濃いマレーシア半島北部に主に支持されています。

マレーシアは全部で13州。
”新政権はPakatan。でも、州ごとに政党が異なる” ので、
トレンガンヌ州、クランタン州などはPAS支配下です。

c0182810_11520303.png
2018年選挙結果 真中は議席数
左:マレーシア半島 右:ボルネオ島
(Malaysian general election, 2018 Wikiより)


今回の選挙戦がこんな歴史的なものになるとは思いもしませんでしたが、
シンガポールに住む多くの友人が、有休を取ってまで投票に駆けつけたこと、
(選挙日はなんと水曜日。国民の不満を受け、政府は急遽この日を祝日に)
両親や友人など多くの方が投票に2時間近く並んだこと(主人は45分)などを聞くと、
終わってみればですが、国民の選挙への関心度が高かったのが伺えました。

選挙戦後、即日政権交代。凄いですよね・・・。
野党には他に何人かキーパーソンがおり、マハティール首相も今回の選挙戦に当たっては、過去の因縁のライバルと手を組んだりと、こちらもややこしい裏事情が色々とあるようですが、半日後にようやく王様の承認を得て、
兎にも角にも新しい政権の誕生!

国が平和に発展してくれることを願っております✨


c0182810_22440963.jpg


そんなわけで、選挙日に加え、木・金も急遽祝日となり、いつの間にか5連休💦
たまにあります、マレーシアの急な祝日(^◇^;)。

新たな政権が誕生するまで、自宅で大人しくしていましたが、
さすがに3日目外へ出かけてみると、街は高揚した国民たちで溢れていました。

c0182810_22434204.jpg

私も美味しいコーヒーに、母の日の花束を購入して、気分はホクホク💞
マレーシア生活13年目に突入しましたが、また思い出に残る数日となりました。


c0182810_22435629.jpg

長々と読んで下さり、ありがとうございました。

皆様も、良い週末をお過ごしください✨



いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by moko-scafe | 2018-05-11 23:07 | プライベート | Trackback | Comments(0)

コーヒーカッピング@Bulb

c0182810_01040622.jpg

友人が働いているカフェ the Bulb Coffee での Cupping セッション に参加してきました。

この友人は、以前別のカフェBEAMで働かれていて、そこで知り合いました。

今回珍しいお豆を手に入れたからカッピングセッションを開催するということで、お誘い下さいました。


c0182810_01042875.jpg


Nordic Coffee Cupping Session ということで、

*The Coffee Collective (デンマーク):  エチオピア、ボリヴィア
*The Barn(ドイツ、ベルリン): ケニア、ルワンダ
*New Black Coffee Lab(マレーシア): エチオピア

()は焙煎業者。焙煎業者3社による5種類のお豆をカッピング致しました。


カッピング時にはどの国のどのお豆というのは伏せられているので、
それぞれのお豆のアロマの特徴を2種類のお水で比較しつつ、
参加者6名で、あぁだこうだと語りました。


c0182810_01482747.jpg
Taster's Flavor Wheel


エチオピアのお豆は香りが特徴的なので、すぐに2種類あるのが分かりました。
あとは、微妙な香り。
中南米産のお豆もあるかなと予想しましたが、他はボリヴィア、ルワンダ、ケニアとアフリカ勢でした。
ルワンダはちょこちょこ飲む機会もありますが、ボリヴィアは意外でした。


c0182810_01044547.jpg

The Coffee Collective (デンマーク)のエチオピアとボリヴィアは、農薬が一切使われていないオーガニック豆。
ボリヴィアはセミウォッシュ(半水洗式)。

The Barn(ベルリン)のケニア豆はKenya AB。

また、マレーシアローカルの焙煎業者のエチオピアは鮮度が良いのもあってか、泡立ちがよく一番香りが引き立っていました。カッピングとはいえ、個人的に一番好きなお豆でした。

2時間程、コーヒーについて熱く語って下さり、とてもいい時間が過ごせました✨


いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。





[PR]
by moko-scafe | 2018-05-03 16:27 | コーヒー | Trackback | Comments(0)