moko's cafe

mokocafe.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マレーシア ( 236 ) タグの人気記事

カフェ@KL色々


ここ一月ぐらいで伺ったカフェです。

c0182810_17465392.jpg

駐在員が多いモント・キアラにある、Kopenhagen Coffee
ショップロットの2Fにありました。

c0182810_17463808.jpg

Kopenhagenとは、そう、デンマークのコペンハーゲンに由来しています。

マレー語で、コやカなどの”カ行”の発音は”c”ではなく”k”と表記されるため、
本来はCopenhagenがKopenhagenとなっています。

他に、コーヒーは Coffee→Kopi(コピ)、カレーは Curry→Kari(カリ)など。
地名でも、KLをはじめ、Kota Kinabalu(コタ・キナバル)、Klang(クラン)、Kuantan(クアンタン)、Kelantan(クランタン)、Kucing(猫を意味するクチン)、Kuala Terengganu(クアラ・トレンガンヌ)など多くが”k”から始まります。

では、”c”はと言うと、チとかチャとかチュから始まる単語で使用されるようです。
あまりパッと思い付きませんが、"十分です(enough)”を意味する"cukup(チュクッ)"などがあります。
マレー語は”c”より”k”から始まる単語の方が圧倒的に多いのです。

話が逸れました〜^^;

c0182810_16582358.jpg

ロイヤル・コペンハーゲン製のコーヒーカップでコーヒーがいただけると伺っていたのですが・・・
確かにそう言われればロイヤル・コペンハーゲンかもしれない、、、マグタイプですかねぇ。
お友達と私で白と黒のマグカップでした。

c0182810_17560522.jpg

娘の学校近くにある、Foremula。

コーヒーが美味しくお食事もあって雰囲気が良いので、たまに行きます。


c0182810_17462046.jpg

昨日のブログにも載せた、
KLCCにある Eight Ounce Coffee (8oz Coffee)
最近たまにKLCC紀伊国屋に行く際に立ち寄ります。

お持ち帰り用のカップで頼むことが多かったのですが、
前回イートインにしたら、なかなかインスタ映えしたので(笑)
昨日息子君とKLCCへ行った際にも同じように頼んだところ・・・

c0182810_17472042.jpg
お兄さん、失敗・・・!?

と言うか、このお兄さん、ラテアート中に隣のスタッフ仲間と大笑いしながらおしゃべりしていて、途中で3回ぐらい手止めて笑ってて、私としてはこんなんでラテアートが描けるのか、と心配していたのですが。
案の定の出来栄えでした。(衛生上も気になったし;)
"Hi! And this is your latte~!"と、ごまかしたかったのか一際大声で出してくれて、おかしかったので、ここに載せます。

天使に見えなくも・・・
いや、ハートを描きたくて失敗したんだよね♩



いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



[PR]
by moko-scafe | 2018-06-14 18:30 | カフェ | Trackback | Comments(0)

もうすぐハリラヤ&GSTの廃止✨


c0182810_17462046.jpg

先月半ばから一ヶ月間続いたラマダン(断食)が明日で終わり、ハリラヤ休暇となります。
(←また休み?と突っ込みたくなりますね。)

残念ながら今年のハリラヤは、金曜日からの3日間なので、娘の学校は金曜日のみお休みですが、マレーシア人(マレー系)は既に今週頭からホリディモードです。ローカルのスクールホリディも重なり、息子君の学校は今週、来週と2週間のお休みとなっています。

毎年のことですが、ラマダン期間中は、いつも以上に道路渋滞がひどくなります。
先日は色々な要因が重なったこともあり、朝、娘を学校に送るのに往復2時間もかかりました。
マラッカ行けちゃうし(^^;;
朝の渋滞に加え、夕方はさらに、皆さん3時4時PMくらいには仕事を切り上げて家路につくので、すごい量の車に驚かされます。
夕飯の準備や”ブカッ・プアサ”(断食明け)に間に合うように帰宅されているのでしょうが、1〜2時間以上渋滞してまで・・・と思わずにはいられません。絶対この期間中、マレー人は仕事になっていないはず・・・。

ラマダン中はピリピリした運転の方も多く、事故が増えるので、いつも以上に神経も使います。
最近はなんだかんだ、毎日子供達の送迎などで3〜5時間ぐらい運転しています(-。-;。
なので私はラマダン期間中は、4時〜7時PMまでの間は極力運転をしません。
4時までには帰途につく、それ以降は7時過ぎまで待ってから帰る。
7時過ぎにはうって変わって道路はガラ空きになるので、大渋滞にはまるぐらいなら、出先で待っていた方が懸命です。

c0182810_18405996.jpg

そんなこんなで、もうすぐラマダン期間が終わるので、内心ホッとしています。

そう言えば、6月1日から、GST(消費税6%)が本当に廃止(0%)になりました。
なんて素早い対応♩(マレーシア政権交代
値上げの時は、ついでにキリの良い数字まで値上がっていた商品も、値下げとなるときっかり6%下げているところが多く、実に中途半端な値段の商品がたくさんあるのは気になりますが、本当に値下げが実施されたのには驚きました。

GSTの廃止とハリラヤが重なり、人々の購買欲はここ数年で一番かというぐらい、ショッピングモールはとにかく人で溢れかえっています。マレーシア経済には良いことだと思います。


c0182810_18411658.jpg
家の近くのモールに飾られた、ハリラヤのディスプレイ
昔ながらのカンポン(民家)をイメージしたレトロな装飾
日本の昔と通づるところがあってほっこりします。



いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。




[PR]
by moko-scafe | 2018-06-13 19:17 | プライベート | Trackback | Comments(0)

コーヒーinマラッカ♩

c0182810_14343790.jpg

マラッカでは、Jonker Street にあるコーヒー専門店 The Coffee Jar に立ち寄りました。
ご夫婦で経営されるコーヒー専門店のようで、店内で焙煎もされていました。

c0182810_14405554.jpg

ご夫婦の赤ちゃんのようです。
焙煎中は、少し別の場所へ移動^^。
c0182810_14345086.jpg
c0182810_14342684.jpg

かつては、Jonker Streetと言えばこのオランウータンが描かれたT-シャツショップが、観光スポットのメイン店の一つでしたが、今は別の通りに新しいカフェやショップがひしめいていて、若干時代の移り変わりを感じました。


c0182810_14335731.jpg

暑かったので、中へ移動。
マラッカは暑いです💦
少し歩いただけで、ものすごい汗をかきます。


c0182810_14341139.jpg

美味しかったので、翌日も帰る前に立ち寄りました。
2度も行けて満足でした♩


いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



[PR]
by moko-scafe | 2018-06-11 14:15 | コーヒー | Trackback | Comments(0)

週末マラッカの旅♩

c0182810_08302473.jpg


先週末のこと、土日でマラッカに行ってきました。
目的は、マラッカにある ”Melacca Butterfly & Reptile Sanctuary”(蝶類&爬虫類園)へ行くこと。

年始に義兄家族と一緒に息子と主人が行って以来、学校で行けなかった娘が行きたかった〜と言い続けていたので(^◇^;)、ようやく実現できました。私も初です。

c0182810_09223326.jpg

鳥類、蝶類、カメ、ベビ、ワニ(何種類も!)、そして珍しい虫たちなどが、たくさんいました。
娘たちも大喜び✨

c0182810_09224288.jpg

爬虫類や虫などが好きなお子さんには、大変オススメの場所です。
マラッカの高速を降りてすぐの所にあるので、KLからは1時間半ほどで行けちゃいます。


c0182810_08303644.jpg

さて、マラッカ自体、日帰り観光スポットではあるのですが、今回はせっかくなので一泊しました。
泊まったホテルは、昨年末にできたばかりの、Treasures Hotel & Suitesという所。こじんまりとしたブティック式のホテルです。

c0182810_09212488.jpg

ポルトガル時代の街並みが残る観光街から数百メートルの場所にあり、良い立地です。
世界遺産のど真ん中!と思うと更に気分が高まりました。
私達は、子供がいるので終始車を使いましたが、そうでなければ Jonker Streetへも徒歩10分ぐらいで行けます。

c0182810_08304866.jpg

宿泊したお部屋です。
真ん中にクイーンベッド、その両横にダブルベッドが2つあります。
お部屋自体は小さめですが、バスタブがお部屋ぐらい広々としていました。

c0182810_09225790.jpg
バスタブのタイルなど✨

c0182810_09245886.jpg


週末なのに宿泊客は1〜2組で、ほぼ貸切状態でした。
子供達はプールに大喜び。思う存分泳ぎました。

モダンな内装で綺麗で、とても心地良いホテルでした✨


c0182810_09252064.jpg

夜は、週末賑わうJonker Streetのナイトマーケットへ。
日中もカフェや街歩きで楽しめたので、1泊して良かったな〜と思いました。

マラッカへ行くのは数年ぶりでしたが、H&MやHardrock Cafe Hotelなどができていて、発展を感じました。


〜おまけ〜
c0182810_09422640.jpg
桟橋下にいたモニターリザード親子
(ほら、よくいるでしょう^^笑)
c0182810_09423843.jpg
手は後ろに組んで泳ぐのですね
可愛かったです♩




いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。



[PR]
by moko-scafe | 2018-06-10 09:56 | プライベート | Trackback | Comments(0)

ランカウイ島〜後編〜

c0182810_16433300.jpg


ランカウイ島の旅、後半です。
写真たくさんで書きたいと思います。

Vivanta by Taj は、パンコール・ラウ島のような One island One resort。
小さな島にこのホテル1軒のみのプライベートリゾートになります。
プールにスパ施設やジムもあり、島内をトレッキングやサイクリングできました。

レストランは前編で書いた1軒のみ、スパもこじんまりとしているので、
施設というよりも自然を楽しみたい方向けのリゾートです。

c0182810_16445906.jpg

ランカウイ島に生息するホーンビル(hornbill) に遭遇✨
頭の上に、クチバシと同じ黄色のホーン(角)があります。
と〜っても可愛らしいお目目をしていました。


c0182810_23481893.jpg

マレーシアでお馴染みのモニターリザードにも遭遇。階段横にいます。
よく見かけるしな〜と、カメラを向けたのは逃げてしまうギリギリの瞬間でした。


c0182810_17202409.jpg

ビーチの透明度はそこそこあり、こじんまりとした綺麗なビーチです。

ただ、海中は少し入ると岩が多くて立つのが痛い感じで、
ごく浅瀬で泳ぐだけなら問題ないですが、
ランカウイ北部のアンダマンビーチの方が綺麗です。


c0182810_23440492.jpg

釣り好きの主人は、わざわざ釣竿を持ってきたので、岩場で釣りに挑戦。


c0182810_23434223.jpg
ガゼボから見て左側の景色


あまり人気もなく、のどかな景色が広がります。


c0182810_23573918.jpg
右側の景色
娘と義父がいます

c0182810_23445138.jpg
ふと、サギみたいな鳥が
魚を加えているのを見つけました!

c0182810_10370479.jpg
アップで飲み込んだ瞬間です!
喉元が膨らんでいるのが分かるかしら。

c0182810_10473366.jpg

こちらも魚が釣れたようです!

c0182810_23454680.jpg
美味しいお魚
ガルーパー(Grouper)です


その後、何匹も同じようなガルーパーが釣れ、私も挑戦してみたら・・・

c0182810_23470542.jpg
ちょっと種類の違う
Spotted Grouperが釣れました!

兄達もガルーパーを釣り上げましたが、
斑点模様のガルーパーは私が釣った1匹のみ。珍しかったみたい✨
もちろん釣ってはすぐに逃しました。

c0182810_00155522.jpg
子供たちは珍しい
カニの抜け殻を発見✨


始めはカニが死んでるのかな・・・と思いましたが、
よくよく見ると透き通っていて軽くて、なんと抜け殻でした。


c0182810_00151456.jpg

こんな綺麗なカニさんも
丸っこい手の模様が綺麗✨

c0182810_00161775.jpg
また、夜にビーチを散歩していたら、このようなカニがた〜くさん出てきていました。
本当に自然の多いリゾートでした。

c0182810_17350239.jpg

私の好きな飛行機の離着陸が眺められる風景。

楽しかったです。



c0182810_23431447.jpg

いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by moko-scafe | 2018-06-01 10:51 | プライベート | Trackback | Comments(0)

ランカウイ島〜前編〜


c0182810_16461914.jpg


かなり時は遡りますが、年始にランカウイ島へ行ってきました。
ランカウイ島へ行くのは4度目、子供たちとは3回目になります。
(過去のランカウイ島旅行記

1月に義弟君の結婚式があり、10数年間ぶりに主人の家族が勢揃いしたので、
主人の両親、兄家族、弟家族と我々の、4家族 計12名で行ってきました。

宿泊したのは、Vivanta by Taj というインド系のホテルです。
ランカウイ島と言えば、アンダマン、ダタイ、タンジュン・ルーなど
有名どころのホテルがたくさんある中で、Vivanta by Taj は初耳でしたが、
同じホテルで4部屋を抑えるのが難しく、ここになりました。

調べてみると、2010年に設立したばかりの比較的新しいホテルで
ムンバイなどのインド各地を始め、スリランカ、モルディブ島や
ここランカウイ島などにチェーン店を持つ5つ星?ホテルのようです。
ランカウイ島空港からタクシーで約15分ほどの所にある船乗り場から、
ホテル用送迎ボートで約15分ぐらいの所にありました。


ということで、どんなホテルだろうと思いましたが、
家族向けで素晴らしいホテルでした✨


c0182810_16443427.jpg

お部屋はヴィラ風。2F建てになっています。

子供のいる兄家族&我々家族は、1Fのビーチに面した大きめの部屋に、
両親と弟夫婦は2Fに宿泊しました。

c0182810_16441472.jpg
リゾートな雰囲気のお部屋(1F)✨
とても広かったです

c0182810_16451980.jpg
広々とした洗面台に

c0182810_21421034.jpg
嬉しいバスタブ付き♩
しっかり熱湯も出ます!

親切なことに、泡風呂のできる液体ソープがシャンプーと一緒に置いてあり、
子供達と泡風呂を楽しみました。
しっかりお湯が出たのと、水圧も高くて良かったです。

c0182810_16454073.jpg

1Fのビーチに面したお部屋はバルコニーにシャワー付き。
子連れに助かる造りです。

c0182810_17351610.jpg

すぐ隣の庭向かいに、同じ造りで兄家族のお部屋があったので、
お互いの行動が把握しやすく、とても便利でした。


c0182810_17342431.jpg

このホテルを選んだもう一つの理由に、口コミ掲示板で
レストランのお食事が美味しい(特にインド料理)と書いてあったことがありました。
子連れ&あまり遠出をしない旅は、ホテルのレストランの食事が美味しいのは大事です。
私達以外の皆は、1日メインランドへショッピングと観光へ出かけましたが、
私達は3泊4日をずっとこのホテルで過ごしたので、
朝昼晩、このレストランでお食事をしました。

c0182810_17343923.jpg
グリルチキン野菜添え
奥はインド系ライス


お値段は少々高めですが、シェアできるので
結果そこまで高いとは感じませんでした。
パスタなどもあり、メニューの種類が豊富だったので、飽きませんでした。

朝食のブッフェも日替わりで、フレッシュジュースはフルーツから選んで
その場で絞って下さるのでとても美味しかったです✨


c0182810_17451370.jpg

お酒やカクテルなども飲めるので、プールを眺めながら美味しくいただきました。


後編に続きます。

c0182810_16434938.jpg

読んで下さり、ありがとうございます。






[PR]
by moko-scafe | 2018-05-27 22:05 | プライベート | Trackback | Comments(0)

One Half カフェ☆

c0182810_18470413.jpg


せっかくの連休、子供達の習い事も一部がお休みとなったので、
ブランチついでに、SEA Park エリアにある One Half x Ilaika カフェ に行きました。


c0182810_18472788.jpg

雑貨屋さんの中にある可愛らしいカフェです。


c0182810_18474490.jpg

緑がいっぱいで気持ちがいいです。

c0182810_18475781.jpg

ただ、座席数が少ないので、店外から店内へと何度か移動し、
ようやくここの席に落ち着きました。
植物や背景の壁、テーブルなどいちいち可愛いくて、
色んな場所で写真撮影をしてみました。笑

このお店は、昨日訪れた uptownにある One Half カフェの姉妹店になります。


c0182810_18484308.jpg
One Half

クロワッサンの焦げが気になりますが^^;
美味しかったです♩


One Half の方は、お店がショップロットの半分サイズで小さく、
店内に長テーブルが一つあるのみ。こんな感じでシェア席です。

c0182810_19093374.jpg

お店の雰囲気はシンプルなものの、ここには 2016 & 2018 Malaysia Barista Championship (マレーシアバリスタチャンピオン)に輝いた方がいらっしゃるので、コーヒーはとても美味しかったです!

フラット・ホワイトとドリップをいただきました。

c0182810_18481272.jpg

またぜひ伺いたいカフェです。



いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
by moko-scafe | 2018-05-12 19:17 | カフェ | Trackback | Comments(0)

マレーシア政権交代

c0182810_11192217.jpg


日本でも大々的にニュースで取り上げられているようですが、
先日マレーシアで国政選挙があり、マレーシア建国以来、初めて野党が勝利しました。
92歳のマハティール首相が再び首相になられたことも驚きですが、
61年間政権を握っていたBN(Barisan National、1973年以前はUMNO)が敗北し、
野党Pakatan Harapanが初勝利したことは、国と国民に大きな意味をもたらしました。

今回のBNの敗因を大きく2点挙げると、

①前ナジブ首相の汚職:
 数年前にN.Y.タイムズにも取り上げられた、多額の汚職事件。
 国民の猛反発があったものの、その後のらりくらりとかわし、
 すぐに政権交代とはなりませんでした。
②GSTの導入(消費税6%):
 2015年4月から導入された、GST制度。
 国民の反発があったものの、全ての商品に6%の消費税が課せられるようになりました。
 これにより物価が上昇、もちろんお給料は変わらず、国民への負担が増大。

実際、私もここ数年物価が上がり続けているな〜と痛感しています。
皆、どうやって生活しているのだろう、と不思議なぐらい!
消費税が導入されたからと言って、その使い道は定かではなく、生活も向上どころか逆効果。
所得の格差は益々広がっている気がしていました。

マハティール首相率いる野党が、選挙前に国民の声を拾い集めている時、
特に②のGST問題が、政府に対する不満の声として大きかったことを捉え、
今回野党の選挙政策の1つに”GSTの廃止”があったそうです。


c0182810_11193367.jpg
BNの旗、選挙後 くたびれた様子

c0182810_11194633.jpg
勝利した野党 Pakatan の旗


因みに野党には他に、イスラム色の濃いPASという政党があります。
こちらの旗色は、グリーンカラー。
イスラム色の濃いマレーシア半島北部に主に支持されています。

マレーシアは全部で13州。
”新政権はPakatan。でも、州ごとに政党が異なる” ので、
トレンガンヌ州、クランタン州などはPAS支配下です。

c0182810_11520303.png
2018年選挙結果 真中は議席数
左:マレーシア半島 右:ボルネオ島
(Malaysian general election, 2018 Wikiより)


今回の選挙戦がこんな歴史的なものになるとは思いもしませんでしたが、
シンガポールに住む多くの友人が、有休を取ってまで投票に駆けつけたこと、
(選挙日はなんと水曜日。国民の不満を受け、政府は急遽この日を祝日に)
両親や友人など多くの方が投票に2時間近く並んだこと(主人は45分)などを聞くと、
終わってみればですが、国民の選挙への関心度が高かったのが伺えました。

選挙戦後、即日政権交代。凄いですよね・・・。
野党には他に何人かキーパーソンがおり、マハティール首相も今回の選挙戦に当たっては、過去の因縁のライバルと手を組んだりと、こちらもややこしい裏事情が色々とあるようですが、半日後にようやく王様の承認を得て、
兎にも角にも新しい政権の誕生!

国が平和に発展してくれることを願っております✨


c0182810_22440963.jpg


そんなわけで、選挙日に加え、木・金も急遽祝日となり、いつの間にか5連休💦
たまにあります、マレーシアの急な祝日(^◇^;)。

新たな政権が誕生するまで、自宅で大人しくしていましたが、
さすがに3日目外へ出かけてみると、街は高揚した国民たちで溢れていました。

c0182810_22434204.jpg

私も美味しいコーヒーに、母の日の花束を購入して、気分はホクホク💞
マレーシア生活13年目に突入しましたが、また思い出に残る数日となりました。


c0182810_22435629.jpg

長々と読んで下さり、ありがとうございました。

皆様も、良い週末をお過ごしください✨



いつもブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by moko-scafe | 2018-05-11 23:07 | プライベート | Trackback | Comments(0)

コーヒーカッピング@Bulb

c0182810_01040622.jpg

友人が働いているカフェ the Bulb Coffee での Cupping セッション に参加してきました。

この友人は、以前別のカフェBEAMで働かれていて、そこで知り合いました。

今回珍しいお豆を手に入れたからカッピングセッションを開催するということで、お誘い下さいました。


c0182810_01042875.jpg


Nordic Coffee Cupping Session ということで、

*The Coffee Collective (デンマーク):  エチオピア、ボリヴィア
*The Barn(ドイツ、ベルリン): ケニア、ルワンダ
*New Black Coffee Lab(マレーシア): エチオピア

()は焙煎業者。焙煎業者3社による5種類のお豆をカッピング致しました。


カッピング時にはどの国のどのお豆というのは伏せられているので、
それぞれのお豆のアロマの特徴を2種類のお水で比較しつつ、
参加者6名で、あぁだこうだと語りました。


c0182810_01482747.jpg
Taster's Flavor Wheel


エチオピアのお豆は香りが特徴的なので、すぐに2種類あるのが分かりました。
あとは、微妙な香り。
中南米産のお豆もあるかなと予想しましたが、他はボリヴィア、ルワンダ、ケニアとアフリカ勢でした。
ルワンダはちょこちょこ飲む機会もありますが、ボリヴィアは意外でした。


c0182810_01044547.jpg

The Coffee Collective (デンマーク)のエチオピアとボリヴィアは、農薬が一切使われていないオーガニック豆。
ボリヴィアはセミウォッシュ(半水洗式)。

The Barn(ベルリン)のケニア豆はKenya AB。

また、マレーシアローカルの焙煎業者のエチオピアは鮮度が良いのもあってか、泡立ちがよく一番香りが引き立っていました。カッピングとはいえ、個人的に一番好きなお豆でした。

2時間程、コーヒーについて熱く語って下さり、とてもいい時間が過ごせました✨


いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。





[PR]
by moko-scafe | 2018-05-03 16:27 | コーヒー | Trackback | Comments(0)

バングサでランチ♩

c0182810_00263398.jpg

土曜日、バングサにあるカフェ Pulp に久しぶりに行って来ました✨

というのも、この後近くにあるピザ屋さんでランチの約束があったからです。
私と主人と、私の学生時代からの友人と、主人の友人との4人でランチ会。
子供達が習い事の間のひと時です。



c0182810_00273744.jpg

Pulp に行くのは2年ぶりぐらい?でしたが、建物の周りの環境が随分と変わっていました。


c0182810_00275595.jpg

以前は Pulp だけが倉庫がある土地の一角に建っていたのですが、
倉庫の敷地全体が商業化され、他にレストランが3〜4軒、美容室が一軒できていました。

c0182810_00310667.jpg

雰囲気だけ見ると、まるで外国にいるよう✨
バングサは土地柄外国人の方が多く住む場所でもあります。

週末だからか、どのお店も大賑わいでした。

c0182810_00281008.jpg
こちらがピザ屋さん Proof Pizza + Wine

大きいお店に見えますが、ピザ屋さんはこのProofの看板がある壁の敷地のみで、
隣のガラス張りのお店はまた別のカフェでした。

c0182810_00444934.jpg

Proofでは、メニューはピザのみ。
本格的な釜ピザがいただけます✨


c0182810_00451186.jpg
ワインも棚にずらり〜。

せっかくなので、4人でワインを1本空けました🍷✨


c0182810_00491078.jpg
ピザも生地がモッチモチでとても美味しい〜。
色んな種類を頼んでシェアしました。

c0182810_00584313.jpg

美味しいワインに美味しいピザ、
気のおける友人達と(てか主人も^^;)とっても楽しいひと時でした!



いつもブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



[PR]
by moko-scafe | 2018-04-30 15:56 | カフェ | Trackback | Comments(0)